BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ホワイトニング
  4. 安いホワイトニングの方法は?手軽にできる2つの方法と注意点を解説!
安いホワイトニング方法と注意点

安いホワイトニングの方法は?手軽にできる2つの方法と注意点を解説!

安いホワイトニング方法と注意点

こんにちは。福島県いわき市平にある歯科提携セルフホワイトニングサロンSELFDUCKです。ホワイトニングして歯を白くしたいけど、安く済ませる方法はないかなと思っている方も多いと思います。そんな方のために、この記事では安いホワイトニングの方法と安すぎるホワイトニングの注意点を解説していきます。

歯科医院でのホワイトニング相場

歯科医院の料金相場

歯科医院で行うホワイトニングは効果が高く、白い歯を目指すのにうってつけの施術方法ですが、保険適応外で自由診療扱いになるため費用も高額になりがちです。

歯科医院で行うホワイトニングの種類は3つあり、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニングがあります。ここでは、それぞれの施術方法と価格の相場を解説していきます。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、漂白成分のある過酸化水素が主成分の薬剤を使用してLEDライトを照射して歯を白くする施術方法です。薬剤が高濃度なので、少ない回数でも効果を実感できるのがメリットで挙げられます。人によっては1回で白くなる効果を実感することもあります。しかし、持続期間は短く、3ヶ月〜6ヶ月程度です。費用の相場は、1回20,000円〜60,000円で歯科医院によりばらつきがあります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、専用のマウスピースを製作して、そこに漂白成分のある過酸水素を自分で流し込み歯を白くしていく施術方法です。歯科医師からホワイトニングの施術の仕方をレクチャーを受けて、自宅にて自分で施術を行っていきます。効果を実感するまでに少し時間がかかり、2週間〜1ヶ月ほどかかります。じっくりと時間をかけて白くしていくので持続時間が長く、1年〜2年保つことができます。費用相場は、マウスピース代で、約15,000円〜40,000円ほどで、薬剤代で1週間5,000円前後です。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングとは簡単に言うと、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせた方法のことをいいます。歯科でオフィスホワイトニングを受けた後、自宅にてホームホワイトニングを行います。

費用の相場は以下の通りです。他農方法と比べて高額です。

【ホームホワイトニング】
・マウスピース製作費用:約15,000円〜40,000円
・薬剤費用(1週間分):約5,000円〜×2〜4
・合計:25,000円〜60,000円
【オフィスホワイトニング】
・1回の施術代金:約20,000円〜60,000円
【両方合わせた金額】
・合計:約45,000円〜120,000円

 

費用は高いものの、即効性と持続性を兼ね備えていますので、「早く歯を白くしたい」「白い歯をできるだけ長く保ちたい」と思っている方には最適な方法です。

 

ホワイトニング相場に関して詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめ

歯科医院で価格が安い場合は注意が必要

歯科医院で行うホワイトニングは、自由診療のため価格も歯科医院によりばらつきがあります。値段が高いところ〜安いところまであり、どこでホワイトニングすれば良いか迷う方もいるのではないでしょうか。

ホワイトニングは白くなってからも定期的にメンテナンスとして施術することが必要なので、できるだけ安いところで済ませたいと思うのは本音ではありますが、価格が安すぎる歯科医院には注意が必要です。何に注意したら良いかの説明を以下で詳しく解説していきます。

市販の過酸化水素水に混ぜて歯磨き粉の成分も配合している

安いホワイトニングは、シリカ粉末や市販の歯磨き剤、市販の過酸化水素水を調合して使用している歯科医院もあります。

市販の過酸化水素水を使用しているので、本来の薬剤ではないものを使用しているケースがかなり多いです。それだと、1回あたりの効果は弱くなります。

実際にその歯科医院で何の薬剤が使用されているかの取り締まりは行なっておらず、チャックが緩いため、使用される本来の薬剤ではなく、市販の漂白剤と歯磨き粉を混ぜたものをホワイトニング剤と謳って使用しているのです。

表示価格が曖昧で1本あたりの金額を記載

1回に施術する歯の本数を少なくすることによって、施術時間を短くして、さらに薬剤も少なくすることにより料金を安くしているところもあります。

実際に歯のホワイトニングは、上の歯8本、下の歯8本の計16本が笑った時に見える部分になりますので、16本の歯全部行おうとすると、使用する薬剤、照射時間が増え高額請求されるパターンもあります。

また、初回のみ安い金額で施術でき、2回目からは高額になるケースがあります。そのため、ホワイトニングを受ける際には、しっかりと値段を確認して少しでも分からないことがあれば、歯科医院に確認してみましょう。

カウンセリングなし、施術が雑、アフターフォローがない

ホワイトニングを安い値段で行っている歯科医院の中には、安いが上にカウンセリングが全くなく、来店してすぐ施術に入るケースもあります。また、施術もお客様主導ではなく、歯科医師や歯科衛生士が手動で淡々と進められることも。ホワイトニング中や後にトラブルがあっても真摯な対応がされないことの方が多く、後で嫌な思いをしてしまうかもしれません。

これらのことから値段が安すぎる歯科医院のホワイトニングは注意すべきだと言えるでしょう。

 

 

安いホワイトニングならセルフホワイトニングがおすすめ

安いホワイトニングはセルフホワイトニングがお勧め

セルフホワイトニングサロン

ホワイトニングサロンは、サロンに通院して専用の薬剤を自分で塗ってLEDライトを照射して歯を白くしていく方法です。スタッフは歯科医師免許がなくでも従事できるので、受付や案内をするだけで施術は行ってくれませんので、セルフで全ての手順を進めていきます。その分費用の相場は安くなっていて、1回あたり3,000円〜7,000円で利用することができます。

比較的安い価格で本格的な施術ができますので選択肢の一つとして検討しても良いでしょう。

市販のホワイトニング商品

市販のホワイトニング商品は、基本的に自宅でできるためホワイトニングサロンに通院するより、お気軽に始めることができます。安価なものが多く存在しますが、どんな商品があるのか、その商品の効果や相場などここでは解説していきます。

ホワイトニング歯磨き粉

基本的に市販のホワイトニング歯磨き粉には「研磨剤」が含まれていて、歯の表面のエナメル質を削って物理的に白くしていくので、傷つけたり、歯茎にダメージを与えてしまったりすることもあります。研磨剤が微粒子化されている「低研磨性」の歯磨き粉、もしくは「研磨剤不使用」の歯磨き粉であれば、歯や歯茎へのダメージを抑えて汚れや着色を落とすことができます。費用の相場は400円〜800円程度です。

歯の消しゴム

歯の消しゴムとは、その名の通り「消しゴム」のような方法で歯を白くする方法です。具体的には、歯の表面に消しゴムの先端をあてて擦ることにより着書汚れを落としていきます。持ち運びに便利なため、旅先、出張先などどんなな所でも持ち歩いて使用することができます。費用の相場は、500円〜1,500円程度です。

簡易型LEDホワイトニングキッド

簡易方LEDホワイトニングキッドは、通販サイトに多く流通しています。自宅でマウスオープナーという口を大きく開ける器具を装着し、歯の上下に専用ジェルを塗布した後LEDライトを照射して白くする方法です。ホワイトニングサロンのワット数は50ワット前後に比べて、簡易ホワイトニングキッドは、LEDのワット数が6ワットに加え薬剤も低濃度のため、効果はホワイトニングサロンで施術するより効果は落ちます。

費用の相場は7000円〜100,000円とメーカーによりばらつきがあります。

 

セルフホワイトニングに関する関連記事はこちら

セルフホワイトニングが向いている方

セルフホワイトニングはあくまでも、歯の表面のみの汚れを落としていく方法ですので、生まれた時の白さまでしか白くすることはできません。

その点を理解した上でセルフホワイトニングをやるのが良いかと思います。

セルフホワイトニングでは満足した白さまでいかない方は、「過酸化水素」や「過酸化尿素」が含まれた薬剤を使用したホワイトニングを行うことをおすすめしております。ほとんどが歯科でのホワイトニングとなるため、歯科に通うのが面倒な方にはセルフホワイトニングが向いています。

セルフダックのホワイトニングは?

東京TMクリニックと提携

セルフダックはセルフホワイトニングサロンですが、東京TMクリニックと提携を結んでいるため「過酸化水素」の医療ジェルの取り扱いがございます。その結果、コスパと効果重視の本格ホワイトニングがお手頃価格でご利用できます。専門的な知識を持ったスタッフが常駐していて、スタッフの丁寧なカウンセリング+最先端のオンライン診療が導入されているので、安心のホワイトニングをご提供しています。大体の方が、約10回の来店で理想の白さになっており、効果が高いため数多くのお客様がリピートしてくださっております。

初回無料体験も実施中なので、お気軽にご予約ください。

ご予約はこちらをタップ

 

 

 

 

関連記事

人気記事一覧

アーカイブ